キャッシングの実質年率から1ヶ月の利息を計算する方法

消費者金融と銀行だとどちらの実質年率が低い?
実質年率のみ比較した場合、消費者金融と銀行では実質年率は確実に銀行の方が低く設定されています。
消費者金融のほとんどが18.0%に対して銀行は14.0%程に設定しているケースが多く見受けられます。
では、なぜ皆んな銀行でキャッシングしないの?と考えるのが普通ですよね。
銀行でキャッシングをしない理由をまとめましたのでみていきましょう。実際にキャッシングする時に、実質年率が18,0%と言われてもどれだけの利息を支払わなければいけないのかが分かりませんよね。
そこで実質年率から利息を計算する方法を解説していきます。下記の式が利息の計算方法です。
利息=元金×実質年率÷365日×借りる日数
実際にキャッシングをする時を想定して計算していきます。消費者金融より50万円、実質年率18.0%で借り入れをし、返済日数を300日とします。
50万×18.0%÷365日×300日=約73,972円となります。
この73,972円が消費者金融に利息として元金と一緒に返済しなければならない金額となります。
計算方法はとても簡単ですので、キャッシングをする際には利息をどれだけ支払うかもしっかり考慮しましょう。
また、各キャッシング会社にも無料利息計算ツールを設置している場合もありますので、積極的に使用していきましょう。
無利息キャンペーンで利息を抑えられる
銀行に比べると金利が高く設定されている消費者金融ですが、多く消費者金融では無利息キャンペーンを実施しています。
その無利息キャンペーンですが、タイミングよく何回も訪れる訳ではなく、ほとんどの消費者金融は初回利用時にキャンペーンとして、無利息でキャッシングができるようになっています。
この無利息キャンペーンを上手く利用する事ができれば、銀行でキャッシングするよりもお得になる事がありますので上手く活用していきましょう。
注意点としては、各社により無利息キャンペーンの内容や適用される方法が異なるため、利用する際には必ずホームページをチェックし概要を確認しましょう。
キャッシングは実質年率を理解して利用しよう

金利や実質年率について一通り説明させていただきました。
最後に今回の記事ををまとめますと下記のようになります。
金利を確認するときは必ず実質年率を確認する
実質年率表記がない悪徳業者には要注意
銀行の方が金利は低いが使いやすさは消費者金融
無利息キャンペーンを活用することでお得にキャッシング
金利や年率について知識を持つ事で、キャッシングをする時に無駄な利息を支払う事が確実になくなります。利息で損をしない為にキャッシングをする際は慎重に自分の状況に適した会社を選択しましょう。

オイズPBジェルの効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です